ヒプノセラピー (催眠療法) とカウンセリングの

秋田、仙台のセラピースペースFuture
(カウンセリング・秋田市、仙台市)


〒010-0925  秋田県秋田市旭南2丁目7-17 ハイツ佐々木203

〒980-0014  宮城県仙台市青葉区本町2-17-2   ラ・セーヌビル6F 「レボルシオン内レンタルサロン」

お気軽にお問合せください

080-6048-2353

営業時間

10:00〜18:00(不定休)
時間については随時ご相談に応じます
※留守電の場合は折返しお電話いたします

ヒプノセラピーの流れ

① 入 室

 

セラピースペースFutureは、秋田市中心街、旭南の静かな住宅地にあるセラピールームです。

 

予約時間10分前から入室できます。



② セラピー前のカウンセリング


セッションに入る前に十分なカウンセリングを行います。


催眠と催眠療法について正しく理解して頂くための説明を聞いていただきます。


セラピーをお受けになる目的と目標について話し合います。

 

気になっていることがあれば何でもおっしゃってください。

 

セラピストはつねにクライアントさんの心に寄り添いサポートしていきます。

 

多くのクライアントさんが、カウンセリングの中で様々な気づきを得ていらっしゃいます。

 

セラピーは、すでにカウンセリング時から始まっているのです。

 

カウンセリングの結果をふまえて、セラピストがより効果の期待できるメニューを提案しますが、クライアントさんのご希望があればご希望に沿う形で行います。

 

たいていの方が、自分は催眠に入れるのだろうかという心配を抱いて来られます。

 

でも、セッションの前には必ず催眠に入るための練習をしますので、ご安心ください。

 

催眠ってこんな感じ」を軽く体験していただくと、催眠に入りやすくなります。



③ セッション


セラピーの本番です。


セラピストが催眠状態に誘導していきます。


催眠状態を体験する形は、人によってちがいます。


登場人物や場面の光景がイメージとして見える人もいれば、音が聞こえたり匂いを感じたりする人もいます。

 

あるいは、見えないけれど漠然と感じる人など、体験の仕方はそれぞれです。


催眠中は意識がはっきりとあり、深く集中した状態です。

 

けれども、トイレに行きたいなど、気になることがあれば遠慮せずにおっしゃってください。

 

一時的に中断しても、ふたたび同じ深さで催眠状態に入ることができます。


セラピストの誘導で催眠状態から覚醒した状態へと戻っていき、セラピー終了です。



セッション後のカウンセリング


セラピーの中で気づいたこと体験したことを振り返り、カウンセリングを行います。

 

お客様がセッションで得た気づき学びを今後の人生に活かしていくために、毎日の生活の中で使えるワークを一緒に練習します。

 

 リラックスできる楽な服装でおいで下さい。


 感情がこみ上げ涙が溢れることがありますので、アイメイクは控えめにすることをお勧めします。

 

 

お問合せはこちら

秋田、仙台のセラピースペースFuture

お電話でのお問合せはこちら

080-6048-2353

 

受付時間:10:00〜18:00


定休日:不定休

 

※時間については随時ご相談に応じます。

 

セッション中は留守番電話になりますが、後ほど折り返しお電話致します。